約束のネバーランド2話

今更ですが、この作品はネタバレ注意です!

孤児院を出ていったコニーが無残な姿で見つかったことを悪夢に見るシーンからスタート。

完全にOPのこのシーン、孤児院のママが黒幕にしか見えない。。。

f:id:anige_blog:20190118230506j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

昨日、悪夢を見たエマ以外はいつも通りの日常。一緒にいた白髪の男の子は規則違反をしてしまったことからなるべくいつも通りいてママに気付かれないようにしようという。

自らを商品と称するエマ。そしてこれまで外に出ていくことを「出荷」と呼ぶのも一気に禍々しい話になっていきますね。6~12歳でスコアが低い順に出荷されているとのこと。スコアが高い子供は脳が大きく品質が良いとされるためまだ出荷されていないと推測するエマ達。全員で脱出する方法を考え出そうとします。

急に物騒な話になってきましたね。心なし彩度が落ちてきている気がしますね。

前回、越えてはいけないとされている柵を越えてその先をいくと分厚くて高い壁が出現します。

f:id:anige_blog:20190118231533j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

そのあと、ママが森で遭難した子をすぐに見つけてくる。それが可能な理由は子供に発信機を付けて懐中時計のようなもので位置を確認できているとのこと。この子ら聡明すぎない?コナンくんが大量にいるような感じがしますねw

ここで急にエマに接するママ。エマたちが真実に近づいていることに気づきつつも警鐘を鳴らそうとしているようですね。ただ、エマもこれをわかりつつ揺さぶりにいく。

f:id:anige_blog:20190118231542j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

さっきまで笑顔で抱き合っていたのに少し離れるとこの有様。

f:id:anige_blog:20190118231601j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

子供たちとママの距離が前回から一気に離れているのを表していますね。

テーブルクロスを拝借して壁の近くにある木の洞に隠します。これで壁を超える算段は揃いましたね。

さらなる仲間として片目を隠したクールな男の子を、肝っ玉が据わっていることから誘ってみようと提案します。すると背後でその話を当人が聞いていたようでぬっとあらわれます。

f:id:anige_blog:20190118231807j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

男同士になったところでエマが好きだから無謀な挑戦をすると言う。しかし、これに対抗するかのように新たな鬼(大人・敵)が追加されてしまいます。

f:id:anige_blog:20190118231947j:plain

©白井カイウ出水ぽすか集英社約束のネバーランド製作委員会

熾烈を極めていきそうな子供(商品)と大人(鬼)の戦い。

これほどネタバレを食らいたくない作品は初めてですねw

世界観を含めてどんな展開になるのか気になります!