えんどろ~1話感想

勇者と魔王の物語、

こういう淡い色の髪の毛好き。目に優しそう。

世界の半分をやろうという交渉を持ち掛ける魔王。昨今では〇ラクエが元ネタっていう意識はもう薄れてそうですよね。

勇者聖騎士モンク魔術師っていう感じの上位職詰め合わせパーティ。エンディング間際って感じで良い構成ですね。

f:id:anige_blog:20190114112023j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

f:id:anige_blog:20190114112129j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

f:id:anige_blog:20190114112142j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

モンクって女性職のイメージ強いですよね。あんまり男キャラが担ってるイメージがない。TOEのファラとか。

f:id:anige_blog:20190114112155j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

それはさておき、一通りの攻撃を終えた後、チートアイテムを使って魔王を次元のかなたに封じ込める勇者たち。言ってダメージを与えたらイベント開始で勝てるタイプの魔王でしたね。魔王城から平和になった世界を見ながら戦いが終わったことを確かめ合う4人。この風景、ダークソウル3のボルド戦後の風景に似てますね。

f:id:anige_blog:20190114112555j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!


そしてクレジット画面。これまでの冒険を振り返りながらこの物語は幕を閉じます。え?終わった?イイハナシダッタナー

f:id:anige_blog:20190114112624j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

どうやらクレジット画面は特殊OPの代わりだったようで、勇者の自室でのシーンに移ります。勇者は学校に通っているみたいでパーティーメンバーに遅刻するぞと目を覚まさせられます。ここの勇者、女児感満載で可愛らしいですね👼

f:id:anige_blog:20190114112821j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

勇者の名前はそのままユーシャであるとのこと。聖騎士ではなく聖者のセイラ、モンクではなく格闘家のファイ魔術師のメイ。結構第一印象はいい線いってましたね()

それぞれ名前は職業から連想しやすいですね。魔術師が使っていた護符のようなものはカルタードというものらしい。

元の担任であったお爺さんは孫夫婦と暮らすために学校をやめるとのこと。そして、新たな担任として赴任してきたのはマオウとなのるロリっ子。ユーシャという名前に反応してしかめるため何か因縁がある模様。

f:id:anige_blog:20190114114858j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

早速授業に入りそれぞれの職業を確認していく生徒たち。ユーシャは魔王泣き世界においては勇者ではないとして無職を言い渡される。

f:id:anige_blog:20190114115600j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

場所は変わり遺跡の前まで来たクラス一同。遺跡から目的のものを持ち帰るという簡単な課題のようだが不合格者は容赦なく退学処分になるとのこと。さすが魔王、容赦ないですね。

「はい、四人組作って~」のノリでパーティーを組んだ4人。

やはり勇者は魔王を倒していたようで倒していなかったようですね。魔王は時間を遡行してロリ化して勇者たちの前に現れたようですね。魔王側が死に戻りした物語は珍しいですね。しかもややポンコツっぽい感じがするのがちょうどよさそうですね。

ダイジェストで4人組の遺跡の冒険を描かれましたが、魔王が仕掛けをしていたようで苦難の末に蝋に閉じ込められる4人。しかし、勇者の観でトラップを見つけよくある勇者の剣が封印された部屋へ。かつてここまでマヌケ面で勇者となった者がいただろうか。

f:id:anige_blog:20190114115526j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!


剣を抜いたものに試練が与えられるようで、さっそく現れる敵ロボ。勇者の剣は強く、4人の連携もよかったことから遺跡もろともぶっ壊してしまいます。

そしてようやく無職から勇者になれたユーシャ。えんどろ~ってエンドロールのもじりだったんですね。納得。

f:id:anige_blog:20190114115511j:plain

©ERP/えんどろ~製作委員会!

王道的なRPGを描きつつ、破滅の未来を回避しようとするドジっ子ロリ魔王が絡んだドタバタがこれから見れそうですね。どうあがいても優しい世界が待ってそうなので安心して視聴を継続できそうですね。次回以降も期待!