ブギーポップは笑わない3話感想

1・2話はニコニコ動画*1で見ていたのですが、3話は既にAbemaTV*2で配信されているとのことでしたので、さっそく視聴。

ストーリー的にもなるべくまとめてみた方が分かりやすいそうですからね。

今回は2話と異なり、消えた少女とその彼氏を軸として物語が展開しているようなので、パートごとにわけずにつらつらと書きなぐっていきます。

 

弓道場でエコーズをかくまった少女(カミキシロさん)と付き合っている1年生の男子生徒がカミキシロさんを探すシーン。1話でもブギーポップと話していた男子生徒もカミキシロさんを探していましたね。早乙女が凪に聞けばいいのではと男子生徒を誘導する。

 

この時点ですでに早乙女は何か企んでそうですね。

既に行方不明になっていることから早乙女はカミキシロさんが殺されていることを知っているとのことだからカミキシロさんはマンティコアに捕食されたのでしょう。

 

凪がエコーズにマンティコアを追うように発破をかける。エコーズは人間が良いのか悪いのかわからない様子。

凪は3人を拘束し、マンティコアであるかをエコーズを使って判別しようとする。この場にはマンティコアはいないと分り、校庭まで3人を見送る凪。

 

過去に早乙女が凪に告白したときは普通の人間であることから断られていたようで、普通の人間であることにコンプレックスを感じているよう。未練もタラタラですね。

早乙女がマンティコアを操っているのもこれが発端なのかもしれません。

 

早乙女は既に自分が普通ではない人間であり、むしろ凪が普通なのだと見栄をきったとたん、早乙女がエコーズに攻撃をしかけ、マンティコアが校舎から飛び出してきてエコーズを牽制、立て続けて凪の頸動脈を切る早乙女。かなり強い殺人衝動を持っている様子。

 

凪を介抱して屋上に来たが、早乙女に攻撃されたことで人間が良いものではないのかもしれないという疑念を抱いている様子のエコーズ。マンティコアが追ってきており、そのまま戦闘へ。

 

早乙女と風紀委員長が対峙して続けて行方不明になった女子生徒は全部自分が原因だという早乙女がよくある犯人の自供シーンへ。

薬で行動を制限させてオリジナルと対決する準備万端の早乙女ペア。マンティコアは次に凪の体を乗っ取るという。マンティコアは2話で早乙女が未練を抱いている凪に嫉妬しており、この体になることで早乙女が自分から離れていかないようにできると考えているのでしょう。

 

悪行は必ず誰かにいずれ暴かれると言う風紀委員長に対して人間の善性を感じ取ったのか、星に報告を送ったエコーズ。その後にマンティコアが豹変し殺意をむき出しに。しかし、ブギーポップに瞬殺されるマンティコア

 

冒頭でカミキシロさんの彼氏に真実を射抜く覚悟を説いていたブギーポップ。その彼氏が弓矢でマンティコアの頭を貫くことで、カミキシロさんの仇を打った形に。

少し前に情けない声を出しながら、マンティコアから逃げていた姿からは全く想像がつかない凛々しさで事件の終止符を打ちました。

 

ブギーポップ曰く、エコーズが弱っていたのは薬のせいではなく、凪に命を分けていたから。ブギーポップは凪のことを「炎の魔女」と呼んでいたが、旧知の仲なのだろうか。

 

マンティコアが仕留められたことで一件落着したものの、カミキシロさんの命は戻らない。世界はマンティコアから救われたものの、早乙女は野放しになっており、なんとも後味の悪い終わり方に。

 

ここでブギーポップが表れていない宮下さんの姿を凪が見つけるという、1話の終わりにつながっていた模様。

 

3話でようやく学校表れた魔物であるマンティコアブギーポップが倒したという物語が幕を閉じた。

次はどんな事件が幕を開けるのだろうか。

ちょうどひとまとまりの話をまとめてみることができ、非常にさわやかな気持ちで感想を書き終えようと思う。

 

boogiepop-anime.com