2018年秋アニメ総評(part3、ゴブリンスレイヤー)

標記のクールで完走したアニメは今回の感想で最後になります。

ラストを飾るのはゴブリンスレイヤー

この記事も念のためネタバレ注意です。

 

3.ゴブリンスレイヤー

コメント・・・某掲示板のAA作品が紆余曲折を経てアニメ化したそうです。原作のAA作品を読みましたが今となっては懐かしいキャラクターたちのAAを使用して作品が作られており、その名残がキャラクターデザインにも表れているのが何とも感慨深さを感じました(例えば、SOS団で構成される勇者パーティーやスタドリを配布しそうな受付嬢など)。

 

ストーリー・・・4

主人公が圧倒的な使命感を背負って活躍する作品は昨今では珍しく感じるが、この作品は王道を往くようなわかりやすさがありました。そのおかげですらすらと視聴を継続できたような気がします。やはりわかりやすさは大事。また信念を貫く主人公とそれを支える仲間という構図はやはり熱くなりますね!

 

楽曲・・・3

悪い意味ではなく楽曲は頭に残ってません。これは劇伴がそのシーンにマッチしており、違和感がなかったからでしょう。主題歌については特段思うところはないので普通の意味を込めてこの点数です。

 

作画・・・5

年中鎧姿で作画カロリーの高い主人公が隙あらばCGになっていたおかげか作画の崩れはなかったように思います。戦闘シーンも派手さはないものの堅実な冒険者の戦いが繰り広げられており、より緊張感を高める演出だったと思います。ヒロインたちが可愛いかったのも大事な点。

 

声優・・・5

杉田中村ペアがメインキャラをしている時点で問答無用の満点。というのはさておき、主人公の淡々として声色が兜の中からくぐもって聞こえてくる感じがとても渋くてよかったですね。スカしたような態度よりも朴訥な今作のような主人公のような性格の方が可愛らしくて好感度は高いです笑

 

マーケティング・・・3

ガンガンGAちゃんねるでひたすら広告をしていた印象。その時はまだ漫画版だったと思いますが、少し過激な作風なので当時は場に合わずに微妙だったように感じてしまいました。結局はアニメから漫画版を読み始めたので、宣伝効果というのはよくわかりません。

 

f:id:anige_blog:20190107222619j:plain

ゴブリンスレイヤー


この記事をもって2018年秋アニメの総評は以上となります。

タイトル詐欺も甚だしいですが笑

次のクールはもう少し本数を見れるようにしたいと思います。

あとリアルタイムで感想を書いていきたいな~とも考えています。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

1/7追記

タイトル修正しました。

 

 

2018年秋アニメ総評

anige-blog.hatenablog.com

anige-blog.hatenablog.com