2018年秋アニメ総評(part2、SSSS.GRIDMAN)

前回の記事に引き続き2018年秋アニメの感想を書いていきます。

今回はSSSS.GRIDMANについて。

相変わらず、ネタバレ注意です。

 

2.SSSS.GRIDMAN

コメント・・・古き良き特撮をリスペクトした作品。特撮関係のアニメは今まで見たことがありませんでしたが、良いものでした。

 

ストーリー・・・4

ヒーローが皆を救うという王道のストーリーを旧作グリッドマンをベースにアカネが怪獣を通して世界を構築しているというセカイ系なテイストを織り交ぜて構成されており、どこか懐かしさを感じながらも新鮮な気持ちで視聴することができました。

少し減点しているのはテーマや話の構成に不満があるのではなく、キャラクターの掘り下げをもう少ししてほしかったところ。グリッドマン同盟の不和においてもキャラクターの性格の描写が足りてないからかいまいち納得感がなかったような感じを受けました。ただ、その分、日常的なフェチシズムに尺を割いてくれていたので問題ないと個人的には思っています()。 

 

楽曲・・・5

OPED共に印象に残りやすくいい曲だったと思います。特にEDは夕焼けと共に立花とアカネがじゃれ合う姿が曲と合わさることで大変ノスタルジーを誘うものになっていました。個人的にノスタルジックな演出は大好きなのでこの点が特に刺さりました。

全く無関係ですが、ふとノスタルジーがなぜ刺さるのか考えてみたくなったので別の記事で自己分析しようと思います。

 

作画・・・4

フェチシズムに余念のない作画で大変満足でした。特に立花さんのおみ足が素晴らしい。キャラクターデザインから太ももに特化していましたが、それを劇中でも遺憾なく発揮しており、画面に映るだけで拝みたくなるほど。

一方で、トリガーの味と言われればそれまでですが、動きの激しいシーンで長時間絵を崩した状態で演出を続けていたのが気になりました。ジブリなどの劇場アニメで見たことのあるような崩し方だったのでよくある手法なのかな?

 

声優・・・5

違和感のあるキャスティングもなくベテランがそろっている中、グリッドマン同盟の三人もナチュラルな演技で素晴らしかったです。ボイスドラマも朗読劇のようなライブ感があり、とても面白かったです。

 

マーケティング・・・4

特段目立った広告はないものの、怪獣娘とのコラボや各種プラットフォームでの最新話の配信を行っていたため不満はありませんでした。

 

f:id:anige_blog:20190106202036j:plain

SSSS.GRIDMAN

今回は以上です。2018年秋アニメの総評はおそらく次で最後になるかと。。。

なんとか2019年冬アニメが開始する前には書き終えたい。。。

 

1/7追記

タイトル修正しました。

 

2018年秋アニメ総評

anige-blog.hatenablog.com

anige-blog.hatenablog.com